特集

九州・山口経済

九州・山口の経済ニュースを伝えます。

特集一覧

「衛生意識の高まり」追い風に 過去最高業績のTOTO・清田社長

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2022年の展望などを語るTOTOの清田徳明社長=北九州市小倉北区で2021年12月7日午後4時51分、上入来尚撮影
2022年の展望などを語るTOTOの清田徳明社長=北九州市小倉北区で2021年12月7日午後4時51分、上入来尚撮影

 2021年9月中間連結決算は過去最高の業績だったTOTO(北九州市)。好調な業績をどう持続させていくのか。新型コロナウイルス禍での勝算は――。清田徳明社長に2022年の展望を聞いた。

 ――2021年9月中間連結決算は過去最高の業績でした。10月以降はどのように推移していますか。

 ◆日本と米国の需要は好調を維持している。中国は不動産投資が行き過ぎ、当局が融資規制をかけた結果、住宅の新規着工などに陰りが出てきた。東南アジアは新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)で経済が止まり打撃を受けたが、底は脱して少しずつ動き始めている。

 ――東南アジアのロックダウンは日本での商品供給に影響を与えました。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集