特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

知事リコール署名偽造 広告会社前社長に有罪判決 名古屋地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名古屋地裁が入る名古屋高地裁合同庁舎=名古屋市中区で2019年9月30日、川瀬慎一朗撮影
名古屋地裁が入る名古屋高地裁合同庁舎=名古屋市中区で2019年9月30日、川瀬慎一朗撮影

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反(署名偽造)に問われた広告関連会社の前社長、山口彬被告(39)に対し、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は12日、懲役1年4月、執行猶予4年(求刑・懲役1年4月)の有罪判決を言い渡した。

 事件を巡っては主導したとされる署名活動団体「愛知100万人リコールの会」事務局長の田中孝博被告(60)らの公判も始まっているが、判決が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、山口被告は田中被告らと共謀し、2020年10月下旬、佐賀市内でアルバイト3人に、愛知県内の有権者71人分の署名を代筆させた。【道永竜命】

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文672文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集