食べログ、裁判でアルゴリズム「異例」の開示 評価透明化なるか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
食べログがサイト上に掲載している点数の変動に関する説明=食べログのホームページから
食べログがサイト上に掲載している点数の変動に関する説明=食べログのホームページから

 グルメサイト「食べログ」で評価を不当に下げられたとして、焼き肉チェーン店が食べログを運営する「カカクコム」(東京)に損害賠償を求めた訴訟で、食べログ側が、コンピューターで評価点を算出する計算式「アルゴリズム」の概要を、チェーン店側に開示した。アルゴリズムが開示されるのは異例。食べログはこれまで不正行為の防止などを理由に開示を拒んできたが、「評価方法が不透明だ」とする飲食店側の声に押し切られた形だ。

 グルメサイトの点数は評価を受ける飲食店の売り上げに直結する影響力があり、公正取引委員会も運用の透明化を求めている。同様の動きが今後も進めば、グルメサイトの評価の透明化につながる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1758文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集