特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

大阪万博 夢洲鉄道整備に追加129億円 地盤沈下対策など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪・関西万博予定地でIR用地の夢洲(南から北方向)=2020年12月2日、本社ヘリから加古信志撮影
大阪・関西万博予定地でIR用地の夢洲(南から北方向)=2020年12月2日、本社ヘリから加古信志撮影

 2025年大阪・関西万博の会場となる大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)につながる大阪メトロ中央線延伸部と、新設する夢洲駅(仮称)の整備費について、大阪市が当初見込みより129億円増えると試算していることが判明した。想定を超える地盤沈下に加え、地中にあるメタンガスの防爆対策などで大規模な追加工事が必要になった。

 市は万博会場へのアクセス向上のため、咲洲にある中央線の終着駅「コスモスクエア駅」から、夢洲駅まで約3キロを延伸する計画で、現在は夢洲内で約1キロのトンネル工事を進めている。市は当初、延伸部の工事に約250億円かかると試算していた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文628文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集