特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

吉村知事「隔離期間短縮を」 感染者急増で社会インフラに影響懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
心斎橋商店街付近=大阪市内で、本社ヘリから加古信志撮影
心斎橋商店街付近=大阪市内で、本社ヘリから加古信志撮影

 大阪府は12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1711人確認されたと発表した。1日あたりの新規感染者が1000人を超えるのは2021年9月15日(1160人)以来。吉村洋文知事は、医療従事者ら生活に不可欠なエッセンシャルワーカーの間に感染者や濃厚接触者が増えて社会生活インフラへの影響が懸念されるとして、国が定めている感染者の入院期間や濃厚接触者の隔離期間を短縮すべきだとの考えを示した。

 府内の1日あたりの新規感染者数は前週水曜(5日)が244人で、わずか1週間で感染規模は7倍以上になった。府によると、11日までの1週間の感染者は計4299人で、521人だった前週(12月29日~1月4日)からの増加比は8・25倍となり、過去最大規模だった。吉村知事は「オミクロン株の感染拡大力は非常に高く、この数字でもまだ第6波の入り口に過ぎない」と述べ、当面は感染者の急増が続くとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1680文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集