連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

古代と現代を往還する言葉=酒井佐忠

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文化勲章の授与式を終え、記念撮影に納まる岡野弘彦さん=皇居・宮殿東庭で2021年11月3日午前11時26分(代表撮影)
文化勲章の授与式を終え、記念撮影に納まる岡野弘彦さん=皇居・宮殿東庭で2021年11月3日午前11時26分(代表撮影)

 『岡野弘彦全歌集』(青磁社)が昨年末に届けられた。現代日本を代表する歌人の底力を堪能することができる貴重な出版だ。周知の通り岡野氏は昨年、文化勲章を受章。神官の家に生まれ、幼少から歌に親しみ、その後、戦乱の悲惨さを秘めつつ、国文学者・歌人の折口信夫(釈迢空)の直弟子として仕えた。そうした体験をもとにした歌の世界は、古代と現代を自在に往還する言葉の豊かさと、情感こめた生命への愛に満ちた悲歌の魅力にあふれている。

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1244文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集