足利で16日、雅楽コンサート 極楽浄土の管弦と舞楽 市制100周年記念事業で /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
独特の装束に身を包み「迦陵頻」の練習に励む子供たち=栃木県足利市田所町で2021年12月2日、太田穣撮影
独特の装束に身を包み「迦陵頻」の練習に励む子供たち=栃木県足利市田所町で2021年12月2日、太田穣撮影

 独特の雰囲気がある古典音楽「雅楽」のコンサート「極楽浄土の管弦と舞楽」が16日、足利市朝倉町の市民プラザ文化ホールで開かれる。日本を代表する雅楽楽団「伶楽舎」の演奏や地元の子供たちによる舞楽「迦陵頻(かりょうびん)」、僧侶たちの声明などが披露される。

 市制100周年記念事業のひとつで、「あしかが歌舞伎(舞楽)親子教室実行委員会」(高久保勲会長)が主催する。当初は国指定史跡「樺崎寺」の浄土庭園で昨秋に開催予定だったが、コロナ禍で延期し、会場も変更した。親子教室の子供たち…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

あわせて読みたい

ニュース特集