連載

かるたで知るなら

「奈良まほろばかるた」に込められた奈良の良さ。タイムリーな順に紹介します。

連載一覧

かるたで知るなら

薬師寺(奈良市) 12年の解体修理終え /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

<裳階あり六重に見える薬師寺東塔>

 世界遺産・薬師寺の国宝・東塔(とうとう)は、平城京の現存する最古の建物です。2020年12月、約12年間にわたる解体修理を終え、塗り替えられた白い壁が青空にひと際鮮やかです。

 高さは約34メートル。大小六つの屋根があるように見え、六重塔に間違えられますが、三重塔です。大きな屋根のそれぞれ下にある小さな飾り屋根は「裳階(もこし)」と呼ばれ、風雨から建物を守っています。大きい屋根と小さな裳階が交互に連なるバランスが美しく、リズム感があります。このため、東塔は、建物を音楽に例えた「凍(こお)れる音楽」との愛称で親しまれています。

 薬師寺は、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を願い、藤原京に建立を発願(ほつがん)されました。皇后は回復しますが、今度は天武天皇が病に倒れ、薬師寺の完成を待たずに亡くなります。持統天皇は天武天皇の遺志を継ぎ、薬師寺を完成させました。その後、平城遷都に伴い、現在の西ノ京に移転しましたが、長い歴史の中で多くの堂塔が火災や地震で失われ、東塔が約1300年前の創建当初から残る唯一の建物になりました…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文812文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集