特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン株濃厚接触者の待機 14日間から短縮を検討へ 岸田首相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相 拡大
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は13日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者と濃厚接触した人の待機期間について、「必要に応じて柔軟な対応を検討したい」と述べ、現在の14日間からの短縮を検討する考えを示した。東京都内で記者団に語った。

 濃厚接触した医療従事者の欠勤が相次いでいる問題を受け、厚生労働省は14日間を待たずに職場復帰が可能と通知している。オミクロン株は潜伏期間が短いとの指摘も踏まえ、政府は企業などの事業継続にも配慮して短縮を検討する。首相は「社会機能の維持が困難にならないよう、工夫しなければならない」と説明した。

 一方、新型コロナの感染症法上の分類を危険度の高い「新型インフルエンザ等感染症」から、季節性インフルエンザ並みの「5類」へ引き下げるべきだとの声があることについて、首相は「感染が急拡大している状況で、分類の変更は現実的でない」と慎重な姿勢を示した。【中村紬葵】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集