1300席を10分で 早業の新幹線清掃に援軍 さらにスピード化?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
座席ぬれ検知装置を手にする整備スタッフ=JR東海提供
座席ぬれ検知装置を手にする整備スタッフ=JR東海提供

 1編成約1300席の東海道新幹線を10分できれいに整える東京駅の座席清掃・点検作業に、強い味方が現れた。AI(人工知能)を駆使した新たな機器の名は「座席ぬれ検知装置」。いったいどんな機能を備えているのか。また、その作業の時間は機器の導入によりどれほど短縮されるのか。

 最高時速285キロで東へ西へと駆け巡る東海道新幹線の折り返し地点、東京駅。ここには連日、1班あたり44人の整備スタッフが8班態勢で待ち構える。1編成16両、1日平均117編成、延べ約15万2100席(2019年度実績)の点検や整備をこなすためだ。

 JR東海によると、1編成にかける点検や整備の時間は10分。その間に瓶や缶を回収し、座席のヘッドカバーを交換し、床の拭き掃除、掃き掃除をする。その早業はテレビ番組でたびたび紹介され、外国人観光客から拍手が起こることもあるという。

 一連の作業でとりわけ時間と労力がかかるのが、座席のぬれの有無の確認だ。ぬれているのは、約1300座席中2席ほど。飲み物がこぼれたり雨傘から雨がしたたり落ちたりしている。拭いて乾かなければ座面のシートを取り換える必要がある。

ぬれ検知機能付きホウキを使った座席清掃・点検作業。整備スタッフは座席の高さに合わせてかがんでいる=JR東海提供
ぬれ検知機能付きホウキを使った座席清掃・点検作業。整備スタッフは座席の高さに合わせてかがんでいる=JR東海提供

 目視だけでは確認しきれず、これまでは特別に開発した「ぬれ検知機能付きホウキ」を使用していた。ホウキの穂先に電極があり、座席に触れて水分を感知すると警報が鳴る仕組み。中腰になったまま1席ずつ確認する作業が続くため、腰への負担も大きかった。

 新たな切り札として期待される「座席ぬれ検知装置」は2年がかりで開発が進められ、21年12月1日にデビューした。伸び縮みする長さ最大90センチの柄の先端にサーモグラフィーカメラを設置し、柄の持ち手側にスマートフォンを組み込んだ。カメラで座席を撮影すると、ぬれている場所を検知する。ぬれていればスマホに映った座席が赤くなり、警報音が鳴る。

 かがんで座席に直接触れなければならないぬれ検知機能付きホウキとは違って、スタッフは直立したまま作業できるうえ、同じ位置に立ったまま2~3席分をまとめてチェックすることも可能になった。

 「ぬれをまとめて確認できるため移動が少なくなった」「腰をかがめる必要がなく、非常に楽に仕事ができる」。JR東海によると、スタッフからは身体的負担が軽減されたことを歓迎する声が相次いでいる。

スマートフォンの画面で、ぬれが検知された座席は赤く表示される=JR東海提供
スマートフォンの画面で、ぬれが検知された座席は赤く表示される=JR東海提供

 座席清掃・点検作業にかかる時間は年月を経て少しずつ短縮されてきた。08年3月にぬれ検知機能付きホウキが導入される以前は、手作業で1席ずつ、ぬれの有無を確かめてきた。当時、1編成あたりの作業時間は15分だった。ぬれ検知機能付きホウキの導入と作業全体の見直しにより、3分縮めて12分に。さらに作業の効率化を徹底し、19年10月には2分短縮して現在の10分が実現した。

 作業時間の短縮はダイヤ編成にも影響を及ぼす。1編成あたりの作業時間が15分から12分、10分と短くなるにつれ、新幹線「のぞみ」の1時間当たりの最大本数は、8本から10本、12本と増加の一途をたどった。

 「作業性をさらに向上させたい」。JR東海の担当者はこう説明する。JR東海の金子慎社長は「新幹線のサービスは裏で支える方も含めて集合体で成り立っている。特に東京駅の折り返しは時間に追われる作業。作業がしやすい形になることは意味のあることだ」と昨年11月26日に東京都内で開かれた定例記者会見で話した。

 他のJR各社が国内の新幹線で同様の機器を開発・導入した例はないという。JR東海は、今回の新機器導入でも、スタッフが取り扱いに慣れた頃を見計らって、改めて作業にかかる時間の短縮につなげたいとしている。【木下翔太郎】

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集