特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

「入管長期収容は国際法違反」 難民申請中の2人、損賠求め提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 裁判などの審査がないまま出入国在留管理庁の施設に長期間収容されるのは、国際人権規約に反するとして、難民申請中の外国人の男性2人が13日、国に計約3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。2人は記者会見し「日本政府は外国人の人権を守ってほしい」と訴えた。

 提訴したのは、トルコ国籍のクルド人、デニズさん(42)とイラン国籍のサファリ・ディマン・ヘイダーさん(53)。

 訴状によると、いずれも来日後に強制退去処分となり、10年以上にわたり仮放免と再収容を繰り返された。1回の収容が3年以上に及ぶこともあり、うつ状態になるなど体調を崩した。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文470文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集