「キハ40形」導入記念イベント 津軽三味線/なまはげ披露 来月27日・北条駅発 加西市観光協 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

参加者180人募集

 青森と秋田をつなぐJR五能線を2021年3月まで走った旧国鉄のディーゼル車両「キハ40形」が北条鉄道で運行開始されるのを前に、車内で津軽三味線の演奏や秋田のなまはげを楽しむ記念イベントが2月27日、加西市の北条駅発である。加西市観光協会は記念乗車の希望者180人を24日まで募っている。

 非電化路線を走ったキハ40形は1979年製で加西市と小野市を結ぶ北条鉄道での運行が3月13日に始まる。イベントでは、青森県五所川原市の津軽三味線団体のメンバーが午前の列車2本で演奏。午後も2本で秋田県男鹿市のメンバーがなまはげを披露し、新天地での車両デビューを祝う。

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文390文字)

あわせて読みたい

ニュース特集