境内で収穫 梅干し授与 奈良・薬師寺 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
境内で授与が始まった3種の梅干し=奈良市の薬師寺で2021年12月28日、加藤佑輔撮影
境内で授与が始まった3種の梅干し=奈良市の薬師寺で2021年12月28日、加藤佑輔撮影

 薬師寺(奈良市)は、境内で収穫した梅の実で作った梅干しを多くの人に味わってもらおうと、白鳳伽藍(がらん)内の東僧坊で一般参拝者への授与を始めた。東僧坊の北側などに梅の木があり、毎年約700キロの実が収穫されるという。梅干しは、これまで寺関係者のみに配られていた。

 和歌山県内の業者に委託して製造したもの…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文358文字)

あわせて読みたい

ニュース特集