特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ワクチン3回目 高齢者、接種間隔6カ月 64歳以下は7カ月

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は13日、新型コロナワクチンの3回目接種について、施設に入所していない65歳以上の一般高齢者の接種間隔を3月以降、短縮する方針を決めた。これまで2回目からの接種間隔を原則8カ月から7カ月に短縮していたが、変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けて6カ月に縮める。64歳以下の一般の人についても1カ月短縮して7カ月とし、ワクチンの接種状況次第でもう1カ月縮めることを検討する。

 後藤茂之厚生労働相は同日記者団に、前倒しに必要なワクチンが確保できたとし、「オミクロン株の急速な感染拡大が懸念される中、万全を期す必要がある」と説明。政府は昨年12月に医療従事者や重症化リスクのある高齢者施設の入所者らは接種間隔を原則8カ月から2カ月短縮して6カ月とする方針などを決めていたが、3回目接種で感染予防効果が回復することを踏まえ、前倒し範囲を拡大した。

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文476文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集