連載

金言

欧州総局長、外信部長などを歴任した小倉孝保論説委員のコラム。

連載一覧

金言

もう一つの功績=小倉孝保

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <kin-gon>

 南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃運動の精神的指導者だったデズモンド・ツツ元大主教は、同性愛を支持し、LGBTなど性的少数者の権利擁護に積極的だった。

 彼はこう語っている。「私は同性愛を嫌悪する神を崇拝しない。天国が同性愛を嫌うなら、行かない。私はこの活動に、アパルトヘイト撤廃運動並みの情熱を持っている」「黒人は自分ではいかんともしがたい肌の色によって責められた。性的指向によって差別されるのも同じだ」

 キリスト教やイスラム教の指導者の多くは、同性愛に厳しい姿勢をとっている。カトリック教会は「同性婚を祝福できない」との見解を示し、米国の保守系キリスト教指導者152人は2009年、連名で同性婚などを容認する法制度への反対を宣言した。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文988文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集