大阪・医院放火 25人死亡 容疑者の所持金1000円 困窮、自暴自棄か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪市北区の雑居ビルに入るクリニックで院長の西沢弘太郎さん(49)ら男女25人が犠牲になった放火殺人事件で、死亡した谷本盛雄容疑者(61)の所持金が約1000円だったことが捜査関係者への取材で明らかになった。近年は定期的な収入が途絶えていた可能性が高いことも判明。大阪府警は谷本容疑者が生活に困窮して追い詰められ、自暴自棄になっていた疑いがあるとみている。

 谷本容疑者は昨年12月17日午前、雑居ビル4階の「西梅田こころとからだのクリニック」の出入り口付近でガソリンにライターで火を付けて放火。西沢さんや患者ら25人を殺害した疑いが持たれている。同じフロアから心肺停止状態で運ばれた女性1人は今も重篤の状態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り2266文字(全文2577文字)

あわせて読みたい

ニュース特集