iPS細胞で世界初の脊髄損傷治療 慶応大チーム実施、経過良好

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
iPS細胞を使った脊髄損傷治療のイメージ
iPS細胞を使った脊髄損傷治療のイメージ

 慶応大は14日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞のもととなる細胞を脊髄(せきずい)損傷患者に移植する手術を昨年12月に実施したと発表した。iPS細胞を使った脊髄損傷治療は世界初。術後3週目までの経過は良好という。1年かけて安全性を確かめる。治療法として国の承認を得るための臨床研究計画の1例目で、さらに3人に移植する。研究チームは「実用化までに少なくとも3~5年かかる」との見通しを示した。

 計画は、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが2019年に国の承認を受けた。脊髄損傷は脳と体をつなぐ神経の束である脊髄が事故などで傷つき、損傷部位より先の運動機能や感覚がまひする。細胞を移植することで、脳の信号を伝える組織を新たに作ったり、傷ついた神経回路の修復を促したりして運動機能や感覚の回復を目指す。今回は脊髄損傷から2~4週間経過した患者が手術を受けた。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文897文字)

あわせて読みたい

ニュース特集