特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

中川智子・前宝塚市長「助けたい、が原点」 阪神大震災ボランティア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神大震災から25年となった2020年1月17日に建立された「追悼の碑」を訪れた中川智子さん。市政運営でも震災ボランティアの経験が念頭にあったという=兵庫県宝塚市で2022年1月9日午前11時9分、土居和弘撮影 拡大
阪神大震災から25年となった2020年1月17日に建立された「追悼の碑」を訪れた中川智子さん。市政運営でも震災ボランティアの経験が念頭にあったという=兵庫県宝塚市で2022年1月9日午前11時9分、土居和弘撮影

 前兵庫県宝塚市長の中川智子さん(74)は、阪神大震災(1995年)の発生から約9カ月間ボランティア活動をした。それまでは未経験だったが、被災者に衣類を届けることから始まった活動は、リサイクル電化製品の調達と提供へと広がった。打ち込んだ理由は「ご近所の困り事を一緒に解決していきましょうとの思いだった」と振り返る。2021年4月、政治家を引退。今後は、自らの体験をさまざまな場で語り、ボランティアの心を伝えていくことをライフワークにしていくつもりだ。

 きっかけは、見慣れたまちが一変した衝撃だった。1月17日未明、宝塚市内の自宅マンションで激しい揺れに見舞われた。家族にけがはなく、建物も無傷だった。3日後に初めて外出したが、家やマンションがあちこちで倒壊し、たくさんの道路に大きな亀裂が走った市内の状況を目の当たりにした。そばで見ていた当時高校3年の長男に「避難所に行って、できることは何でもしようと思う」と決心を告げた。「助かったのは偶然だった。人ごとではないとの気持ちに突き動かされた」と話す。

 多くの被災者が避難していた市立スポーツセンターに駆けつけ、着の身着のままの人に「今、必要なものを教えて」と声をかけて回った。固辞する人も説得し、新しい下着や靴下、ジャンパーなどを購入して渡した。10日ほどたつと被災者には「温かいものが食べたい」との希望が多くなり、豚汁を振る舞った。

阪神大震災で水道が断水し、小学校に到着した給水車の前には被災者の長蛇の列ができた=兵庫県宝塚市提供 拡大
阪神大震災で水道が断水し、小学校に到着した給水車の前には被災者の長蛇の列ができた=兵庫県宝塚市提供

 宝塚市にボランティアの登録はしなかった。「行政の支援は公平・中立を重視して被災者の要望への素早い対応は難しい。1人では小さな活動かもしれないが、目の前で困っている人に寄り添った活動をしたい」との一心だった。

 2月に入り、被災者の仮設住宅への入居が始まったのを機に活動内容を変えた。家財道具をそろえる時間もなく入居する人たちに、台所用品や日用品などを調達した。全国各地にいる友人や学校給食を守る市民運動をする知人に、「できれば新品を送って」と声をかけた。配慮したのは、無料ではなく「1個5円でも10円でもいいので」とお金を払ってもらうこと。被災者の自尊心を大切にし、「自分の力で新たな一歩を踏み出していくという気持ちを持ってほしかった」と話す。

 その頃、被災した高齢女性から「洗濯機を手に入れられないか」と相談された。手にあかぎれを作った彼女の後ろには同じような境遇の女性がたくさんいるのではないかと思った。市にかけ合ったが、「すぐには対応できない」との返事。「自分たちでなんとかしよう」と決意し、洗濯機や冷蔵庫、テレビなどリサイクル電化製品の提供を募ることにした。市民団体を設立し、新聞記事を通じて呼びかけた。提供は1人当たり3製品に限り、日用品などと同様、少額で購入してもらった。9月まで続け、提供した電化製品は約700台に上った。

 翌年、土井たか子・社民党党首(当時)から衆院選への立候補要請があった。いったんは断ったが、ボランティアの記憶が待ったをかけた。「どん底に突き落とされた被災者を支援する仕組みをつくりたい」。当選し、市民団体なども要望していた被災者生活再建支援法制定に奔走した(1998年成立)。

阪神大震災では小学校でも多くの被災者が避難生活を送った=兵庫県宝塚市提供 拡大
阪神大震災では小学校でも多くの被災者が避難生活を送った=兵庫県宝塚市提供

 市長就任後もボランティア経験が念頭にあった。日ごろから住民同士が支え合う地域をつくる施政方針を打ち出したほか、市主催の震災発生当日の追悼行事を復活させ、亡くなった市民の名前を刻んだ追悼碑を建立した。

 阪神大震災は多くの市民が被災者支援に関わり、「ボランティア元年」と呼ばれた。2011年の東日本大震災でも災害ボランティアが活躍した。しかし、近年になって「被災地で素人が活動することは迷惑になるのでは」と二の足を踏む傾向も出てきていると感じ、コロナ禍で一層拍車がかかることを懸念している。

 市長退任後の21年8月、県立大の夏季講義で講師を務め、学生約70人にオンラインで自らの体験を語った。「ボランティアを難しく考えることはない。困っている人を助けたいという気持ちで動くのがボランティアの原点。まず一歩踏み出すことが大切」と思いを伝えた。体験を語る活動を続けており、被災地に入る若者らが増えることを願っている。【土居和弘】

なかがわ・ともこ

 和歌山県生まれ。1978年に、宝塚市に移住。幼児教室の主宰や学校給食を守る市民運動などに取り組む。96年、土井たか子氏の要請を受け、49歳で衆院選に立候補し初当選。衆院議員は2期7年。2009年の宝塚市長選で当選し、3期12年務め、21年4月に退任。

【阪神大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集