特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

濃厚接触者の待機期間、原則10日間に 介護職員など短縮可能に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
濃厚接触者の待機日数短縮について説明する後藤茂之厚生労働相=東京都千代田区で2022年1月14日午後6時33分、神足俊輔撮影 拡大
濃厚接触者の待機日数短縮について説明する後藤茂之厚生労働相=東京都千代田区で2022年1月14日午後6時33分、神足俊輔撮影

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、後藤茂之厚生労働相は14日、濃厚接触者の待機期間を現在の14日間から10日間に短縮すると表明した。また、社会機能を維持する仕事に就いている人に限り6日目の検査陰性で解除する。国が濃厚接触者の待機期間を見直すのは初めてで、医療体制や社会機能の維持が困難になるのを避ける狙い。

 新型コロナの濃厚接触者は現在、陽性者と最後に接触した日から14日間、自宅などで待機することが求められている。見直しで10日間に短縮するほか、感染状況によっては、社会機能維持に欠かせないと自治体が判断した職種に限定し、6日目のPCR検査または抗原定量検査の陰性で解除する。職種は警察や消防、介護、保育など社会生活の安定に必要な仕事を想定している。

 陽性者については現在、ワクチン接種者に限って発症から10日間で療養解除としているが、未接種者も同様の扱いとする。外国からの入国者に求めている14日間の自宅待機も見直す方針。

濃厚接触者の待機日数短縮について説明する後藤茂之厚生労働相=東京都千代田区で2022年1月14日午後6時33分、神足俊輔撮影 拡大
濃厚接触者の待機日数短縮について説明する後藤茂之厚生労働相=東京都千代田区で2022年1月14日午後6時33分、神足俊輔撮影

 オミクロン株はこれまでの株に比べ、潜伏期間が短く3日が最も多い。国立感染症研究所は「オミクロン株の10日経過後と、アルファ株などの14日経過後の発症リスクは同等」と評価した。専門家有志の提言も公表され、待機期間を7日間に短縮することを盛り込んだ。【金秀蓮、小鍜冶孝志】

各国の対応もまちまち

 感染力が非常に強い新たな変異株「オミクロン株」が全国的に急拡大する中、政府が濃厚接触者の待機期間を見直すのは、社会活動をいかに維持するかを検討した結果だ。

 濃厚接触は、マスクなど必要な感染予防策をせずに感染者と1メートル以内の距離で15分以上、一緒に居た場合に認定される。最後に接触した日から14日間、自宅や宿泊施設での待機が求められ、1人の感染者に対して濃厚接触者が多数に上るケースもある。感染が拡大している沖縄では、医療機関で人手が不足するなど、社会インフラがまひしかねない状態に陥っている。

 国内の感染事例などから、オミクロン株の潜伏期間は3日間程度とされ、5日間とされたこれまでの株よりも短いとの科学的知見に基づいて見直した。ただ、各国の対応はまちまちだ。米疾病対策センター(CDC)は昨年末に10日間から5日間に短縮し、ドイツ政府は今月、検査で陰性であれば7日間にすることを決めた。欧米は、感染予防より社会経済活動を重視したとも言え、感染をどこまで許容できるかによって判断は変わる。

 新型コロナウイルスについて、濃厚接触者の待機期間見直しは、国内で初めて感染が確認されてからの2年で初めて。オミクロン株はこれまでの株と大きく異なっていることが改めて浮き彫りになった。今後も新たな知見が得られ次第、適切なタイミングでの見直しが不可欠だ。【阿部亮介】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集