特集

第71期王将戦

3冠を持つ渡辺明王将に4冠の藤井聡太竜王が挑戦。激戦の様子を棋譜、速報、写真、動画でお伝えします。 ※棋譜中継は棋譜・対局結果にて

特集一覧

将棋

王将戦 渡辺王将と藤井竜王、「映え」対決を制すのは? スポニチ恒例、勝者記念撮影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第71期王将戦第1局から一夜明けた11日、天竜浜名湖鉄道の掛川駅(静岡県掛川市)で車両を背に車掌姿で笑顔を見せる藤井聡太竜王。車両には掛川市のマスコットの「茶のみやきんじろう」が見える
第71期王将戦第1局から一夜明けた11日、天竜浜名湖鉄道の掛川駅(静岡県掛川市)で車両を背に車掌姿で笑顔を見せる藤井聡太竜王。車両には掛川市のマスコットの「茶のみやきんじろう」が見える

 渡辺明王将(37)に藤井聡太竜王(19)が挑む、第71期ALSOK杯王将戦七番勝負は22日、大阪府高槻市で第2局が始まる。この王将戦には30年以上続く「勝者の記念撮影」という恒例行事があるのをご存じだろうか。対局を制した後、主催のスポーツニッポン紙上を飾るユニークな演出の写真をいう。その歴史を振り返ってみた。

この記事は有料記事です。

残り1602文字(全文1758文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

ニュース特集