土井利位の功績たどる 江戸時代に雪の結晶研究 図版集や工芸品82点紹介 古河歴史博物館 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪華模様の着物姿の女性が描かれた錦絵=茨城県古河市中央町の古河歴史博物館で2022年1月7日、安味伸一撮影
雪華模様の着物姿の女性が描かれた錦絵=茨城県古河市中央町の古河歴史博物館で2022年1月7日、安味伸一撮影

 江戸時代に雪の結晶を科学的に研究したことで知られる古河藩主・土井利位(としつら)(1789~1848)について紹介する企画展「雪の殿さま 土井利位」が、古河歴史博物館(古河市中央町)で開かれている。2月27日まで。

 展示では、利位の研究成果などを収めた図版集「雪華(せっか)図説」や「続雪華図説」に加え、…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

ニュース特集