インプラント損賠訴訟 医院に290万円支払い命令 地裁判決 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 インプラント手術で神経を損傷したとして、栗東市の30代女性が草津市の歯科医院を運営する医療法人に対し500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁(堀部亮一裁判長)は14日、医療ミスを認めて290万円の支払いを命じた。

 女性は2015年9月、歯科医院でインプラント手術を受けた後、痛みやしびれが出て、18年11月に別の病院で三叉(さんさ)神経障害と診断された。手術前にCT検査は行われておらず、医療法人側は「レントゲン写真や口腔(…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

ニュース特集