特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

「核禁締約国会議、参加を」 大学生が活動、キャンペーン開始 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本政府の核兵器禁止条約批准を国会議員に働き掛けている大学生らが、3月に予定される第1回締約国会議へのオブザーバー参加を求めるキャンペーンを企画し12日、第1弾のオンラインイベントを開いた。非政府組織(NGO)ピースボートの川崎哲共同代表が「日本が世界の核軍縮のプレーヤーでありたいのなら、会議への参加は必須だ」と述べた。

 企画したのは「議員ウォッチ」と題し条約に対する議員の賛否を調べる首都圏の学生らや、学生団体「KNOW NUKES TOKYO(ノー・ニュークス・トーキョー)」でロビー活動に取り組む約30人。今後、議員にオブザーバー参加に賛同するよう呼び掛ける他、海外から岸田文雄首相に向けたメッセージを集める。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文464文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集