NY外為市場 1ドル=114円前半 長期金利上昇受け、円売り優勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比02銭円安ドル高の1ドル=114円14~24銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1410~20ドル、130円36~46銭。

 朝方はロンドン市場での円高ドル安の流れを引き継いで取引された。その後、米長期金利の上昇を背景に、日米金利差の拡大を意識したドル買い円売りが優勢となった。(共同)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集