トンガ沖噴火、複数の爆発音 首都に津波、国王も避難 被害不明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象衛星「ひまわり」が観測した海底火山の噴煙=気象庁のウェブサイトより
気象衛星「ひまわり」が観測した海底火山の噴煙=気象庁のウェブサイトより

 南太平洋の島国トンガ沖で海底火山が大規模な噴火を起こし、トンガ気象当局は15日、全土に津波警報を出した。日本の気象庁によると、噴火は日本時間15日午後1時10分ごろ。ニュージーランドメディアによると、津波はトンガの一部地域に到達し、道路や建物が浸水した。人的な被害状況は不明。

 日本外務省によると、トンガの在留邦人は2020年10月現在で35人。安否確認を急いでいる。気象庁によると、太平洋の広域で津波が発生する恐れがある。日本の沿岸では若干の海面変動が起きる可能性はあるが、被害の心配はないとしている。

 南太平洋のアイランズ・ビジネス誌がフェイスブックで現地からの情報として伝えたところによると、…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文611文字)

あわせて読みたい

ニュース特集