特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

自宅療養者、1万8628人 1週間で16倍に 最多は沖縄

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高層ビルが建ち並ぶ東京都心。中央奥は皇居=東京都港区で 拡大
高層ビルが建ち並ぶ東京都心。中央奥は皇居=東京都港区で

 新型コロナウイルスの感染による全国の自宅療養者は12日午前0時時点で1万8628人に上り、1週間前の5日(1168人)の約16倍になった。厚生労働省が14日夜に発表した。新たな変異株「オミクロン株」の感染急拡大で今後も増え続けることが予想され、容体急変に備えた健康観察などの体制確保が重要となる。

 厚労省の調査結果によると、自宅療養者が最も多かったのは沖縄県で4543人。東京都2762人▽神奈川県2039人▽大阪府1969人――だった。

 厚労省が実施した医療提供体制の点検では、全都道府県が血液中の酸素飽和度を測る機器「パルスオキシメーター」を自宅療養開始の翌日までに配布。全ての感染者に、遅くとも検査で陽性と判明した翌日に連絡をとり、継続して健康観察や診療を受けられるようにするなど、自宅療養に対応する体制が構築されている。

 同省幹部は「病床使用率はまだ低く、入院が必要なのにできない状況ではない」と指摘。ただ、オミクロン株は感染力が非常に強いとされるため、「自宅療養者が増える前提で対策をとり、確保している病床は即入院に対応できるよう進めている」と話す。

 オミクロン株の感染者は当初、全員が入院を求められていたが、政府は自宅療養の体制が整っていることを条件に、自治体の判断でこれまでの株と同様に症状に応じて自宅療養や宿泊療養を認めた。同省によると14日現在、和歌山県を除く46都道府県がこの方針をとっている。【神足俊輔】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集