介護していた妻を蹴って死なせた疑い 85歳逮捕 東京・小金井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都小金井市 拡大
東京都小金井市

 介護していた妻を蹴ったなどとして、警視庁小金井署は13日、東京都小金井市貫井南町4、無職、伊藤幹司容疑者(85)を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は同日早朝、自宅で妻の映子(てるこ)さん(88)の顔や頭などを複数回蹴り傷害を負わせたとしている。映子さんは病院に搬送されたが、14日夜、死亡が確認された。伊藤容疑者が自ら119番通報した。「口げんかになり、ストレスがたまっていて蹴ってしまった」と容疑を認めているという。同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。同署によると、約5年前から伊藤容疑者が妻の介護をしていた。妻は歩行困難で、認知症の症状もあったという。【竹内麻子】

あわせて読みたい

ニュース特集