共通テスト受験生ら3人切られる 東大近く、殺人未遂容疑で17歳逮捕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大学入学共通テスト初日に受験生らが切りつけられ、規制線が張られた現場=東京都文京区の東京大で2022年1月15日午前9時46分、吉田航太撮影
大学入学共通テスト初日に受験生らが切りつけられ、規制線が張られた現場=東京都文京区の東京大で2022年1月15日午前9時46分、吉田航太撮影

 15日午前8時半ごろ、東京都文京区弥生1の東京大近くの路上で、ともに高校3年の男子生徒(18)と女子生徒(17)、豊島区の男性(72)が刃物で切りつけられた。警視庁によると、3人は背中を刺されて病院に搬送された。高校生2人は命に別条はないが、男性は重傷で緊急手術を受けた。同庁は現場付近にいた名古屋市に住む私立高校2年の少年(17)を、高校生2人への殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 現場は農学部のある弥生キャンパスの農正門付近。同大は15日から始まった大学入学共通テストの試験会場となっており、高校生2人は受験生だった。

 東大での試験はそのまま実施された。

 少年事件課によると、刺された男子高校生は千葉県浦安市、女子高校生は同県市川市在住。少年は容疑を認め、「勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った」と供述している。被害者の3人と面識はなく、トラブルは確認されていない。【柿崎誠、木原真希、鈴木拓也】

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集