駅まるごとアート 9日間、ペンで描いた異世界 読字障害の作家

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
弘南鉄道田舎館駅の作品の中に立つGOMAさん=青森県田舎館村で2021年12月19日、江沢雄志撮影
弘南鉄道田舎館駅の作品の中に立つGOMAさん=青森県田舎館村で2021年12月19日、江沢雄志撮影

 青森県田舎館村にある弘南鉄道の田舎館駅。足を踏み入れると古い外観からは想像できない「異世界」に引きずり込まれる。天井には大きな目玉。独特のタッチで描かれた花や生き物、ビル……。床以外の全てに黒い線でビッシリと描き込まれ、息をのむ力強さだ。

 作品は同県平川市の現代アート作家、GOMAさん(35)がコロナ禍の地元の人たちを励まそうと2020年春に手がけた。「すごい迫力で出来上がってから自分でも驚いた」と笑う。この制作を機に各地から依頼を受けるようになった。人を元気にする――。そんなアートの力を信じ、創作活動を続けている。

 GOMAさんは、読み書きに困難が伴う発達障害の一つディスレクシア(読字障害)を抱え、印刷された文字が図形に見える。絵を描く時は下書きはせず、「頭に浮かんだイメージを右手が勝手に描き上げる」のだという。短大卒業後、3年間の保育士生活を経て秋田公立美術工芸短大(秋田市)に入学。デザインを学ぶなどし、卒業後すぐに独立した。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1282文字)

あわせて読みたい

ニュース特集