バス業界も出席、初の「安全の集い」 軽井沢ツアーバス事故6年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スキーバス転落事故から6年となり、現場近くの慰霊碑の前で手を合わせる遺族の(中央右から)田原義則さん、池田彰さん、大谷慶彦さん=長野県軽井沢町で2022年1月15日午後2時15分、西夏生撮影
スキーバス転落事故から6年となり、現場近くの慰霊碑の前で手を合わせる遺族の(中央右から)田原義則さん、池田彰さん、大谷慶彦さん=長野県軽井沢町で2022年1月15日午後2時15分、西夏生撮影

 長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡したスキーツアーバス事故は15日、発生から6年となった。同日、バスや旅行業の業界団体や国土交通省の幹部ら十数人が出席して、再発防止の方策を協議する集い「安全安心なバス運行を誓う集い」が事故現場付近で初めて開かれた。集いは遺族の働きかけにより、実現した。出席者らはバスの安全運行に対する思いなどを語り、今後も事故発生の日などに集いを継続して開催する方針を確認した。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文800文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集