「コロナ機に効率化」躍進ITベンチャー つかんだ飛躍の鍵

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タンクの内壁を点検するドローン=ブルーイノベーション提供
タンクの内壁を点検するドローン=ブルーイノベーション提供

 職場では距離を取って働き、買い物や外食は宅配サービスを利用――。新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の働き方や行動を大きく変えた。そんな新たなニーズをうまくつかんだITベンチャー企業が受注を伸ばしている。どうやってコロナを飛躍のチャンスにしたのか。最前線を取材した。

ドローンで工場設備を点検

 北海道苫小牧市にある石油元売り大手、出光興産の北海道製油所。高さ150メートルの巨大な煙突の内側で、球形のドローンがすっと宙に浮かび上がった。LED照明で内側を照らしながら壁面を撮影し、亀裂などの異常がないかを確認する。

 点検作業を出光興産から請け負ったのは、ITベンチャー「ブルーイノベーション」(東京都文京区)。…

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1930文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集