特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

「この経験は宝物」 避難者と阪神大震災障害者、神戸で心境語り合う /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神戸市内で開かれた、阪神大震災で障害を負った被災者と、東日本大震災で宮城、福島両県から県外へ避難した人たちの交流会
神戸市内で開かれた、阪神大震災で障害を負った被災者と、東日本大震災で宮城、福島両県から県外へ避難した人たちの交流会

 阪神大震災で障害を負った被災者と、東日本大震災で宮城、福島両県から県外へ避難した人たちの交流会が9日、神戸市内で開かれ、それぞれの被災経験や避難生活について語り合い、意見を交わした。

 1995年に阪神大震災で被災した神戸市の植村貴美子さん(91)は、自宅の土壁が足に落ち動けなくなり、3日間生き埋め状態になった。救出後も壁が当たっていた部分がただれて右足がしびれる障害が残り、2年弱車いす生活を送ったが、懸命なリハビリでなんと…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集