ふるさと納税、都農町を除外 「迷惑かけた」町長謝罪 外部有識者の検証委発足へ /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ふるさと納税の指定取り消しを受け、記者会見で謝罪する河野町長
ふるさと納税の指定取り消しを受け、記者会見で謝罪する河野町長

 ふるさと納税返礼品は「寄付の3割以下」という地方税法の規定に違反したとして、都農町が総務省から対象自治体指定取り消しを通知された。期間は18日から2年間。河野正和町長は14日、記者会見し「寄付が全国上位で範を示さなければならないのに、寄付していただいたみなさんや全国の関係者に心配や迷惑をかけ、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。外部有識者の検証委員会を発足させるという。

 町によると、寄付1万円への返礼品「宮崎牛赤身肉切り落とし1・5キロ以上」は当初、規定に則し、業者から2840円で調達。2021年8月19日~10月13日に5万9708件の寄付があり、うち2万6108件分はこの返礼品を送った。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文580文字)

あわせて読みたい

ニュース特集