トンガ海底火山噴火、大気介し伝播? 「普通ではない」津波メカニズム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
津波の影響で転覆した漁船=高知県室戸市の佐喜浜漁港で2022年1月16日午前10時24分、本社ヘリから
津波の影響で転覆した漁船=高知県室戸市の佐喜浜漁港で2022年1月16日午前10時24分、本社ヘリから

 南太平洋トンガ沖の海底火山で日本時間15日午後1時ごろ、大規模な噴火があり、気象庁は16日にかけて、日本の太平洋沿岸の広範囲に津波警報・注意報を出した。今回は津波到達が通常想定される時刻よりも早く、気象庁は「普通の津波ではない」と首をかしげる。トンガ沖の噴火はどのようなメカニズムで約8000キロ離れた日本に津波をもたらしたのか。

 京都大防災研究所の井口正人教授(火山物理学)によると、今回噴火した海底火山「フンガ・トンガ・フンガ・ハアパイ火山」では2014~15年、新しい島ができるほどの大規模噴火があったという。人工衛星の画像などから、21年12月以降再び小規模噴火が始まったとみられ、今月14日から大規模噴火が立て続けに起きていた。噴火の種類は、大量の噴出物を放出する「プリニー式噴火」だ。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1136文字)

あわせて読みたい

ニュース特集