トンガ海底火山噴火 首都は「厚い火山灰に覆われている」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トンガ沖で起きた海底火山の大規模な噴火で噴き上がる火山灰や水蒸気=トンガ政府機関のフェイスブックから
トンガ沖で起きた海底火山の大規模な噴火で噴き上がる火山灰や水蒸気=トンガ政府機関のフェイスブックから

 日本時間16日午後10時現在、トンガ国内の詳しい被害の状況は分かっていないが、死者やけが人は公式には報告されていない。ニュージーランド(NZ)政府によると、トンガの首都ヌクアロファでは停電が発生し、インターネットや一般の電話回線による通信が難しい状況が続いている。近海の海底通信ケーブルが影響を受けた可能性があるという。一方、南米ペルーでは2人が津波にさらわれ死亡した。

 トンガは約170の島で構成され、うち30以上の島に10万6000人が定住している。豪州気象当局によると、今回噴火した海底火山から約65キロ離れたヌクアロファでは1.2メートルの津波が観測された。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文592文字)

あわせて読みたい

ニュース特集