オリーブといえば…奈良? 王寺町の特産品に 畑の愛称募集中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
住宅地の斜面(のり面)の町有地に植えられているオリーブの木。大和川をはさんで関西線が走り、信貴山や生駒山が望める=王寺町で
住宅地の斜面(のり面)の町有地に植えられているオリーブの木。大和川をはさんで関西線が走り、信貴山や生駒山が望める=王寺町で

 オリーブを新たな特産品として誕生させる取り組み「オリーブ共育プロジェクト」が奈良県王寺町で進んでいる。試みを広く町民らに知ってもらうきっかけにと、町観光協会がオリーブの木約960本が植えられている町有地(約2・5ヘクタール)の「オリーブ畑」の愛称を31日まで募集している。【熊谷仁志】

 きっかけを作ったのは、町内在住で元郵便局長の池田興仁(おきひと)さん(63)。約10年前から定年退職後の人生設計を考え始め、注目したのが、雨量など気候条件が似ている瀬戸内海の小豆島(香川県)で栽培されているオリーブだったという。2014年ごろから取り組みを始め、その後、未利用の町有地の活用を町に提案した。今回、愛称を募集するオリーブ畑は18~19年に植樹。町によると、町全体では現在、7カ所に計約1370本が植えられている。

 木の成長に伴って実の収穫も始まり、21年は約550キロを収穫。20年は約50キロで10倍以上に増えた。大阪産業大の学生らの協力も得て、「大和のしずく」と名付けた150ミリリットル入りのオリーブオイルの瓶を100本以上製造。一部は奈良市内のホテルで試験的に販売した。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文957文字)

あわせて読みたい

ニュース特集