お寺で終活、遺言キット開発 延命治療や葬儀…70項目選択で簡単 足運ぶきっかけに /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「お寺版『ゆいごん白書』」の表紙
「お寺版『ゆいごん白書』」の表紙

 「人生の最期をどう迎えたいか」をお寺で書き残す終活キット「お寺版『ゆいごん白書』」が開発された。「お寺離れを防ぐツールとしても役立ててほしい」と開発側は意気込む。

 「株式会社はっぴぃandプロジェクト」(大阪市中央区、辻瑞恵代表、https://yuigonhakusho.com)が考案した。

 認知症、延命治療、葬儀、デジタル遺品など、もしもに備えた70項目にチェックマークを入れるだけと手軽。

 葬儀に来てほしい人リストや法事早見表、家系図などが記載できる「覚え書きノート」、寺や仏事のことをわかりやすく解説した「お寺のこと知っとこノート」なども付属している。価格は3520円。

 辻さんは「終活講座を開催すれば檀家(だんか)、信徒さんや地域の人が寺に足を運ぶきっかけにもなり、葬儀や仏壇、お墓のことなども相談しやすくなるはず」と話している。講座は、「お寺版『ゆいごん白書』」専用テキストを用いれば指導できるようになっており、その認定講師も募集している。問い合わせは同社(06・7777・1456)。【高橋望】…

この記事は有料記事です。

残り-90文字(全文460文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集