特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災

1.17 竹灯籠、思いつなぐ /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神大震災の犠牲者を追悼するため灯籠に灯をともす人たち=神戸市兵庫区の「湊川隧道」で、共同
阪神大震災の犠牲者を追悼するため灯籠に灯をともす人たち=神戸市兵庫区の「湊川隧道」で、共同

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「1.17のつどい」が17日に開かれる神戸市中央区の公園「東遊園地」で、ボランティアが竹灯籠(とうろう)を並べて「忘 1.17」の文字を形作る作業が行われた。17日は灯がともった竹灯籠を前に、集まった被災者らが発生時刻の午前5時46分に黙とうする。

 15日、市内の2高校の野球部員らボランティア約10…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集