夫婦円満を願い 垂水で「壁うっくじぃ」 /鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
壁に見立てた木の垣根を力いっぱいたたく子どもたち
壁に見立てた木の垣根を力いっぱいたたく子どもたち

 鹿児島県垂水市柊原地区で14日、新婚夫妻の庭先に竹や木で組まれた「垣根」を子どもたちが木の棒でたたき壊してその門出を祝う伝統行事「壁うっくじぃ」があった。明治時代から続き、新妻と嫁入り先の家族や親戚、地域の「壁」が早く取り除かれるように願い、子孫繁栄や豊作祈願の意味もある。

 今年は、地区在住の消防士、高野健太郎さ…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文358文字)

あわせて読みたい

ニュース特集