三菱電機の業務用エアコン 自動昇降パネル不具合で部品交換実施

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で、大西岳彦撮影
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で、大西岳彦撮影

 三菱電機は17日、冷熱システム製作所(和歌山市)で製造した業務用エアコンで、フィルターを交換するための自動昇降パネルの一部に不具合が見つかったとして部品交換を行うと発表した。対象は2013年3月~14年4月に製造した368台。検査不正問題で昨年7月に設置した調査委員会が不具合が起きた原因などを調べる。

 不具合があったのは、天井に設置するエアコンのフィルターを4本のワイヤで上げ下げするオプション装置で、20年9月と21年8月に計2台でワイヤが切れてパネルが宙づりになる事案が発生した。調査した結果、フィルターの付いたパネルとワイヤの接着が不十分で、経年劣化によって切れた可能性があると判断。予防措置として交換を決めた。

 …

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文440文字)

あわせて読みたい

ニュース特集