みずほの「波風立てない」体質変わるか? 新経営陣、手腕は未知数

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見でシステム障害に関する業務改善計画を公表する次期みずほFG社長の木原正裕執行役=東京都千代田区で2022年1月17日午後5時8分、西夏生撮影
記者会見でシステム障害に関する業務改善計画を公表する次期みずほFG社長の木原正裕執行役=東京都千代田区で2022年1月17日午後5時8分、西夏生撮影

 傘下のみずほ銀行でシステム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループ(FG)が17日、新たな経営体制を発表した。改めて再発防止策を盛り込んだ業務改善計画も公表。システム部門の人員増強などを盛り込んだ。みずほは、金融庁に「言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない」と企業体質の問題を指摘されたが、新経営陣は果たしてそれを転換できるのか。

新たな布陣もバランスに腐心?

 みずほFGは同日、引責辞任する坂井辰史社長(62)の後任に木原正裕執行役(56)を昇格させる人事を発表した。同じく退任するみずほ銀の藤原弘治頭取(60)とFGの佐藤康博会長(69)の後任には、それぞれ加藤勝彦副頭取(56)、今井誠司FG副社長(59)が就く。就任は木原氏と加藤氏が2月1日付、今井氏は4月1日付。坂井氏が体調不良のため、木原氏らの就任を当初予定の4月から前倒しした。

 この日、新社長として再発防止策を発表した木原氏は、「一連の障害への深い反省のもと、不退転の決意で臨む」と話した。

 木原氏は1989(平成元)年に旧日本興業銀行に入行。メガバンクでは初の平成入行のトップとなる。当初は、退任する経営陣を支えてきた今井氏らを起用する案もあったというが、…

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2481文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集