特集

大阪ビル放火

2021年12月17日、大阪市の繁華街「北新地」の雑居ビルで火災が発生し、容疑者を含む27人が死亡しました。

特集一覧

犠牲のスタッフがくれた「花丸」を勇気に変えて 大阪ビル放火1カ月

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女性のメッセージや花丸が赤ペンでかかれたプリント=2021年12月22日、藤井達也撮影
女性のメッセージや花丸が赤ペンでかかれたプリント=2021年12月22日、藤井達也撮影

 大阪市北区の雑居ビルに入るクリニックで男女25人が犠牲になった放火殺人事件は、17日で発生から1カ月を迎えた。この日も現場のビル前には花束が供えられ、訪れた人たちが被害者の冥福を祈った。復職を目指す患者らを支え続け、突然命を奪われた院長やスタッフたち。患者らは今も、消えない悲しみと向き合い、やり場のない怒りを抱えている。

 「すばらしい生活リズムです」「この調子で規則正しい生活を続けてみて下さいね!」

 少し丸みのある字でつづられた励ましの言葉。そばには大きな花丸が赤ペンで描かれている。クリニックに通っていた会社員の男性(34)=滋賀県=は今も、通院時に配られた10枚あまりのプリントをファイルに入れて大切に保管している。

 メッセージを書いてくれたのは、…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1245文字)

【大阪ビル放火】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集