冬の滋味、ちぢみほうれん草が収穫ピーク 山梨・市川三郷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北村圭子さんの畑では、ちぢみほうれん草の収穫作業が最盛期を迎えている=山梨県市川三郷町で2022年1月16日午後1時50分、山本悟撮影
北村圭子さんの畑では、ちぢみほうれん草の収穫作業が最盛期を迎えている=山梨県市川三郷町で2022年1月16日午後1時50分、山本悟撮影

 冬場の葉もの野菜として珍重されるちぢみほうれん草の収穫が最盛期を迎えている。山梨県内では露地栽培が中心で2月下旬まで出回る。

 ちぢみほうれん草は、通常のほうれん草に比べ葉肉が厚く葉が縮れているのが特徴。県内では中央市や市川三郷町、北杜市などで栽培されている。市川三郷町大塚の農業、北村圭子さん(84…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

あわせて読みたい

ニュース特集