特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

吉村知事「まん延防止は京阪神一体で」 兵庫、京都と協議意向

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府の吉村洋文知事=矢追健介撮影
大阪府の吉村洋文知事=矢追健介撮影

 大阪府の吉村洋文知事は17日、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」について、兵庫、京都両府県と連携して国への要請を判断する考えを示した。経済圏域が一体の3府県で足並みをそろえる。

 大阪府は新型コロナの病床使用率が35%に達した段階で、対策本部会議を開き、まん延防止措置の適用を国に申請することを決める方針。病床使用率は17日現在、28・9%。

 16日までに大阪府で2日連続、京都府でも3日連続で新規感染者の過去最多を更新している。吉村知事は「これだけの感染力の株(オミクロン株)なので、大阪だけでなく、京阪神一体で(感染対策を)考えたい」と強調。兵庫県の斎藤元彦、京都府の西脇隆俊両知事と近くまん延防止措置の適用について協議する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文566文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集