特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災27年、細る追悼行事 風化との闘い、コロナ禍で厳しく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神大震災から27年。「1・17のつどい」で竹灯籠(とうろう)に灯をともす人たち=神戸市中央区の東遊園地で2022年1月17日午前5時11分、猪飼健史撮影
阪神大震災から27年。「1・17のつどい」で竹灯籠(とうろう)に灯をともす人たち=神戸市中央区の東遊園地で2022年1月17日午前5時11分、猪飼健史撮影

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から27年となった。新型コロナウイルスが猛威を振るうさなかで、追悼行事の中止・縮小が相次いだ。風化との闘いがコロナ禍で厳しさを増している。

 神戸市中央区の東遊園地では「1・17のつどい」があった。灯籠(とうろう)を並べて作った文字は「忘 1・17」。震災の教訓を継承するとの決意や、つらい記憶を忘れたいという気持ちを込めたという。灯籠は16日夕に点灯された後、風などで消えたものが17日夕に再度点灯された。

 実行委員会によると、17日の来場者数は約4万5000人。過去最少だった2021年の約2万2000人から例年並みに持ち直した。藤本真一実行委員長(37)は「風化を実感する時はある。それでも語り継ぎ、小さくても追悼の場を設け、途切れずに続けていくしかない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文600文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集