久留米の道仁会系事務所撤去訴訟が和解 組長側退去で、福岡高裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮

 福岡県暴力追放運動推進センターが近隣住民の委託を受け、指定暴力団「道仁会」の2次団体組長に組事務所(福岡県久留米市)の使用禁止を求めた訴訟は17日、福岡高裁(山之内紀行裁判長)で和解が成立した。組長側が事務所を売却して退去したため、センターが請求を取り下げた。センターは「近隣住民が勇気を出して撤去を申し出て、望ましい解決になった」としている…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

ニュース特集