特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

スノーボード 平野歩夢がW杯2戦連続V 横3回転技で締め圧勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ハーフパイプ男子で優勝した平野歩夢=ラークスで、共同
ハーフパイプ男子で優勝した平野歩夢=ラークスで、共同

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は15日、スイスのラークスでハーフパイプ今季最終戦の決勝が行われ、男子は冬季オリンピック2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が93.25点で制した。2連勝で種目別も初優勝した。

 23歳の平野歩はそれぞれ縦2回転を入れた横4回転技と3回転半技を2度ずつ決め、横3回転技で締めて圧勝した。

 平野海祝(日大)は71.50点の8位、片山来夢(バートン)は69.75点の9位、平野流佳(太成学院大)は40.50点の10位で、昨季種目別覇者の戸塚優斗(ヨネックス)は19.25点で12位。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1112文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集