北九州マラソン、2年連続中止 オミクロン株急拡大で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2020年2月に行われた北九州マラソン=北九州市小倉北区で2020年2月16日、上入来尚撮影
2020年2月に行われた北九州マラソン=北九州市小倉北区で2020年2月16日、上入来尚撮影

 「北九州マラソン2022」(北九州市、市陸上競技協会主催)の実行委員会は17日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、2月20日に開催予定だった大会の中止を発表した。中止は2021年大会に続いて2年連続となる。

 記者会見した市の森善裕・マラソン担当課長は、変異株「オミクロン株」の急速な感染拡大で「ランナー、医療スタッフ、ボラン…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集