マッサージ師・しんきゅう師派遣 府と業界団体、災害時協定 避難所に心と体のケアを /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
災害時に避難所にマッサージ師やしんきゅう師を派遣する協定を締結した、京都府と各団体の代表者ら=京都府庁で、添島香苗撮影
災害時に避難所にマッサージ師やしんきゅう師を派遣する協定を締結した、京都府と各団体の代表者ら=京都府庁で、添島香苗撮影

 府は17日、災害発生時、避難所にマッサージ師やしんきゅう師を派遣できるよう各業界団体と協定を締結した。避難所生活が長期化すると心身に不調を来しやすくなり、施術での改善が期待される。

 府庁であった締結式で、長谷川学・健康福祉部長は「震災の教訓を忘れず、いつ起きるか分からない災害への備えを強化したい」と述べた。

 府と協定を結んだのは、府しんきゅうマッサージ師会▽府しんきゅう師会▽府視覚障害者協会▽府あんまマッサージ指圧師会――の4団体。災害時、市町村が府を通じてマッサージ師らをボランティアとして派遣してもらえるよう要請できるようになる。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文531文字)

あわせて読みたい

ニュース特集