特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災

田辺・龍神小、被災看護師が授業 僕にもできる防災 簡易トイレ作りなど学ぶ /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 阪神大震災から17日で27年となるのに合わせ、田辺市龍神村の市立龍神小で、震災で被災した上富田町朝来の看護師、幾島浩恵さん(52)を講師に招いた防災授業があった。幾島さんは2~6年生10人を前に当時を振り返り、小学生でもできる対策を呼び掛けた。【竹内之浩】

 幾島さんは震災発生時、神戸市の病院で働いており、最初の3日間は病院に押し寄せた負傷者をほぼ不眠不休で手当てした。その経験を生かそうと2006年に防災…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集